【ユニクロ登山】そういうわけでユニクロ登山的には「ドライストレッチパンツ」しかない。

長年右往左往してきたユニクロ登山の「ボトムス」問題ですが、解決する日がやって来ました。

昨年のモデルは「イマイチ」で見送ったんですが今年の「ドライストレッチパンツ」は色んな意味で買う気になる感じです。
※ちなみに2016年モデルもあまり大差はありませんでした、進歩はありませんでしたが(スタイル的に問題なければ)おススメできます。

【スポーツパンツ不在に終止符】一応これで終止符、ラインなどを入れて「見た目」をいじることは有用かもしれない。4パターンあって、カラーはそれぞれのパターンに存在する。

【スポーツパンツ不在に終止符】一応これで終止符、ラインなどを入れて「見た目」をいじることは有用かもしれない。4パターンあって、カラーはそれぞれのパターンに存在する。

【単色のデザインは4色】他は2色

【単色のデザインは4色】他は2色

 

【性能は昨年よりさらに向上】

性能自体は昨年でも十分でしたが全体的に「なんとなくちょろい」感じがなくなりました。

裏地もメッシュ状(Airdots)の裏地がかなり「しっかり」着いて汗の張り付きを防いでくれるようになりました。

 

様々な意味でスポーティ。

「自転車通勤」にも使えるウェアになっています。

【シルエット、細部、裏】すべて改善したと思う。

【シルエット、細部、裏】すべて改善したと思う。

 

【ウールライクは登山向けじゃない】

【注意】ウールライクは伸縮性が低い(※2で注釈されている)。

【注意】ウールライクは伸縮性が低い(※2で注釈されている)。


「ストレッチが弱い」「ウールライク」はあまり登山には向かないでしょう。

 

【スタイルの好みはあるかもしれないけど性能は十分】

【スパッと】これはすでにガマンハイクで40km歩いた後、さらにこの後「有馬から宝塚」へと歩いた。

【スパッと】これはすでにガマンハイクで40km歩いた後、さらにこの後「有馬から宝塚」へと歩いた。

 

そういう訳で実際に歩いてみました。

 

ガマンハイク(8時間)、そして「有馬→宝塚(4時間)」と2日続けて履いてみましたが、十分なストレッチ、そして速乾性で夏には良いウェアです、まあこのウェアは言うなれば「ゴルフウェア」なわけですがこういう「アウトドアウェア」はその競技に止まらず他の競技にも使える事が多いのです。

 

「涼しい」ウェアなのでこの数日の『寒の戻り』ではかなり寒く、防寒には向きませんか、これはタイツで対応しています(こういう風に「重ね着」するほうが体温調整がしやすく登山に向いています)。

【その他の選択】「安い登山ウェアをそろえても良い」スタイルを気にしないなら「ジャージ」も良い選択肢だ。
 

……春と冬のせめぎ合いが終われば春、さて花見の日はどちらの日になるでしょうか、皆さん“花冷え”対策には十分にお気をつけて‼︎

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •