【速報】ゴールデンウィークの登山は注意【2000m以上はまだ冬山】

「ゴールデンウィーク遭難事件」が恒例行事になって久しい昨今いかがお過ごしでしょうか?

まず、現物を見てもらいましょう、今日(2014年5月2日)の映像です。

このサイトでははじめの記事から「山は別世界(主に環境的に)」という事を強調してきました。

そして山には「冬と春」しかないと説明して来ました。

 

そして「恒例遭難」となってしまうこの季節こそ、この解説がもっとも生きるシーズンであります。

 

細かいことは言いません、この時期ははっきり言って『冬』。

しかも寒暖の差が激しく、少し上空のジェット気流が曲がれば『吹雪』かねないタイミングです(特に今年は山梨を雪に沈めた”極渦(極地を中心とした地球的な冷気の渦)”の乱れが指摘されています)。

 

万全の「冬山」装備が無ければ、決して危険なエリアには出ず(とはいえ数年前の「GW吹雪」では晴れていたら見えてる範囲までたどり着いたパーティーが全滅しています)、この時期の山の美しさに畏敬を抱いて、臆病に徹していただけるよう最後のお願いをします。

 

 山のライブカメラ倶楽部のリンク集