『無事、ジャンダルム登頂』(西穂高→奥穂高)

そういうわけで、とりあえずご報告まで。
詳細な解説は、また後日ですが、インパクトのあったシーンの写真だけ何枚か掲載します。
まあ、この夏も1~2名落ちたそうですが、完璧に美しい3日間の緊張感あふれる8時間でした!!!

夜明け前の出発

夜明け前の出発

雷鳥も!!!(独標付近)

雷鳥も!!!(独標付近)

西穂高付近から上高地~八ヶ岳を見渡す、多分富士山も・・・。

西穂高付近から上高地~八ヶ岳を見渡す、多分富士山も・・・。

逆層スラブを登攀、でもここはマシなほうです。

逆層スラブを登攀、でもここはマシなほうです。

ジャンダルム山頂の"天使"

ジャンダルム山頂の”天使”

最後に馬の背側から、ジャンダルム

最後に馬の背側から、ジャンダルム

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •