• 【Google広告】

【常夜灯がわりに】アパートの天井に星を彩る「アストロシアター〜ホームスターとはパワーが違う〜」

そういうわけで、個人的な事情から大阪北部地震まで人生の諸問題に直面してサイトの更新が滞っていましたが、再開していきたいと思います。

 

登山も行っていますが「超初心者向けではない」のでこれは後に回したいと思います。

【五竜岳からの下山】遠くに妙高岳などが見える。

【YAMAP】 写真とルートはこちらで!!

〜国内最後の難関〜八ツ峰のキレット・五竜岳】【〜雪渓に助けられる猛暑〜雨飾山

 

【常夜灯にプラネタリウムを】

そういうわけで本題に入りましょう、地震の前にふと思い立って「常夜灯を設置しよう」と思いました。

で、いろいろ考えていると「家庭用プラネタリウムが良いんじゃないか?」と思い至りました。

単に明かりがあるよりも癒やしになりそうです(実際に使ってみて適度な催眠効果があるような気がします)。

「ホームスター」クラッシックとプロ

で、家庭用プラネタリウムというとSEGAの「ホームスター」が有名なので調べて見たのですが、「光が弱い」というレビューも多かったので今度は光の強さをテーマに検索してみたところナシカの「アストロシアター」が引っかかってきました。

 

【ジャストのダンボールに化粧箱】芸の細かい出荷体制です。

この製品は価格がそこそこで、高輝度

ちょうど山の中など満天の星空の下にいるぐらいの照り返しがあるので美しいだけでなく、常夜灯としての機能も満たされます☆

【高輝度】iPhone SEでも撮影できる高輝度(3W…ホームスターの3倍!!)

 

【使い方は簡単】

まあ、ホームスターも難しくは無いのだと思いますが、こちらも使い方は簡単!!

【OPEN】操作は本体前面の4つのボタンで完結する。まずは「OPEN」でディスクを入れよう。

本体に「OPEN」ボタンを押して「星空ディスク」を入れます。

次に電源をさして、「ON OFF」ボタンを押せば動き始めます。

レンズを回して天井にピントを合わせれば星空がくっきりと天井に現れます(合わせてください)。

【結構な精度】ホームスターに確立された60000の星が写し出されている。

寝るときに仕掛けるのであれば「TIMER」ボタンを押しましょう、一回目で30(分で切れる)、二回目で60(同左)のランプが点灯します。

「MOVE」ボタンを押すと星空は回り始めます。

【製品開封直後】台座は「球形の本体を置くだけ」のカンタン設計なので「真横」に星空を投影することもできる。

 

付属品は台座(電池を入れるとコンセントなしで使えます)、「星空ディスク」3枚と解説CDです(聞いたことは無いですが)、子供の教育などには役立つのではないでしょうか?

【星空ディスク2】星座の線入り

【星空ディスク3】惑星の説明、でもこれだとYouTubeとかで動画探したほうが良いかな?

 

まあ15000円で「満天の星空」をいつでも家に召喚できるというのは……なかなか良い買い物だったなぁと思います!!


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •