愛宕山「大杉谷往復ルート」そして、愛宕山頂の悲劇!!

そういうわけで昨日衝撃のあまりドローンしか上げていなかった登山の報告です。

まあでも空撮用ドローンが山頂付近で墜ちて木に引っかかった事が衝撃で他の事を思い出すのが難しい!!

……なんとか気を取り直して。

 

【ルート概要】

大杉谷は愛宕山頂を目指すルートの中では参道ルートと同じく最短のルートになります。

山道に入るまでの導入で準備体操ができるのですが谷間から一気に上がっていくので全体的な斜度は高めのルートで、今回はこれを単に往復しました。

数箇所「ふとしたところに」ガケがあったりしますのでご注意ください。

写真と地図のポイントを合致させたければ「YAMAP」を参照してください!!

 

【清滝川は花盛り】

清滝川は秋に向かってバーベキューの盛りを迎えています。

清滝川の橋から見ると川をさかのぼってバーベキューの場所取りをしている人たちがわんさと見えます。

【清滝川沿い】水遊びとバーベキューのメッカ

大杉谷へは清滝川沿いの舗装道路を回りこんでから登山口に入ることになります。

入り口には大きな看板(ルート地図)がありますので落ち着いて見れば……まあ間違える事は無いでしょう。

【グッと上がる】登山道はスタートからキツい。

上の地図の「標高図」をみてもらったらわかるように「かなり一本調子に」上がって行く道になります。

どのルートでも愛宕山の斜度は激しいのですが、大杉谷のもう一つ奥から上がる「月の輪寺ルート」であればもう少し緩い道になりますのでそちらも検討してみてください。

【清滝川】これは下山時に舗装道路から撮った写真、みんな楽しそう!!

 

【結構な崖道】

大杉谷は文字通り「谷」を登っていくルートです、数年前までは危険なところもそうなかったのですが、この数年の雨で一部のガケなどが切り立つように崩れているところも多くあります。

【水で土が剥がれている】元々は危険の無さそうな沢だったが、今ではそれなりに高度感がある。

こういう「ちょっとした崖」でも落ち方によっては行動不能になりかねません、周りを見て危険を見極めてから行動する癖をつけましょう(すこし落ち着いて左右の景色も視界に入れましょう)。

【数メーターの滑落ポイント】こういうところが要注意!!

 

【ドローン山頂付近に墜つ】

……ルートについて危険なところはそこぐらいです、最後は愛宕山の側面を「九十九折れ」の道をひたすら尾根まであがります、ここも結構な斜度で高度は「一直線に」上がって行くルートです。

【九十九折れ】真夏は熱と湿度が溜まっていてかなりきついがこの週末は少しひんやりとしていた。

大杉谷の「九十九折れ」が終わって尾根に着くと「もう終わり」という気持ちになりますが実際にはここから20分ほど歩かなくてはなりません!!

そして境内の手前に来ると少し景色の良い場所にでます(動画にも写っていますが神社への送電用の電柱も立っているあたりです)。

【大気が澄んできました】遠くまで良く見えます、やはり夏は水蒸気がスゴイんでしょうね。

……で、昨日ご報告したようにここで悲劇が起こりました、必死の捜索の甲斐なく……。

タイムロスも大きかったためそのまま大杉谷ルートを下山しました。

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •