雑記「この週末は妙高山へ」そういうわけで妙高山についてちょっと調べてみました。

そういうわけでこの週末は妙高山に、ゆったりと楽しんできます(温泉!!)。

で、妙高山(妙高高原)と高谷池ヒュッテの情報を簡単に調べてみました。

【高谷池ヒュッテ】公式サイトより。

 

【普通の検索から】

まず「妙高山 登山」で検索です!!

トップの検索結果は「妙高高原スカイケーブル」のページでした。

【良い絵図】ざっくりしていながらにしてほとんどの要素を抑えた図

こういう良い絵で大まかな状況を伝えてくれます。

 

妙高山 高谷池ヒュッテ」で検索したら出てきた「高谷池ヒュッテ」のホームページで提供されている「もう少し詳しい地図」をみれば上の絵がかなりよく出来たデフォルメであることがわかります(現地の商業施設はこういう良い情報を提供してくれていることが多いです)。

今回は「赤倉から登って」高谷池ヒュッテに泊まり「燕温泉に降りる」予定ですので、上の地図で簡単に足し算していくと……

 

【登り 合計7:40】赤倉→天狗堂→妙高山(4:30)→大倉乗越→高谷池ヒュッテ(3:10)

【下り 合計4:25】高谷池ヒュッテ→大倉乗越→妙高山山頂手前(1:50)→大倉分岐→燕温泉(2:35)

という時間になります。

かなり登りがきつそうな山です(各所の上り下りの時間の差が大きいですね)。

【山頂付近は等高線も詰まっている】時間差が1.5倍あるとかなり急な登りだ。

 

【時事情報をヤマケイオンラインで見る】

地図を見ると、7-8月は高山植物花盛りという時期のようです、月並みですがヤマケイオンライン(山と渓谷社の情報サイト)を見ると「高谷池ヒュッテ」からの情報が入っていました。

 

「登山道に支障ありません。高山植物は花盛りです(8/3)」ということですから、特に問題はなく歩けるでしょう、上の地図、幾つかのブログや様々な写真(妙高山 登山 難所を検索して「画像」)を見ても「鎖場」だけが要注意ポイントのようです。

 

大倉乗越(のっこし)は「7月中旬まで残雪注意」となっています、一応8月ですがアイゼンは(いつも入っていますが)持っていくべきでしょう。

 

【高谷池ヒュッテの情報】

高谷池ヒュッテ 評判」で検索してトップに出てきたページによるとゴミの処理が厳しい山小屋のようです。

高谷池ヒュッテは小ぶりな山小屋で予約が厳しそう(一人に布団一枚と言うのはまあ親切とも言えますが)という事と「ゴミは購入物を含めて全て持ち帰り(トイレの紙まで!!)」という厳しいごみ処理のルールは要注意ですね。

 

まあ、時間は長いですし危険箇所もあるのですが、全般的にはゆっくりした登山となりそうなので「丁寧に」楽しんでこようと思います。

 



人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •