【Kindleの登録失敗にも】Amazon Kindleの手動アップデート簡単な手順!!

【手動アップデート】接続したKindleに該当のbinファイルを置いて、Kindleの設定画面で「Kindleのアップデート」実行!!

そういうわけで、液晶が割れてしまった!!

……AmazonのKindle PaperWhiteを購入時に付けていた「事故保証(Kindleはテックマークジャパン)」を使って交換しました……電話一本でパッケージからの新品が届きました!!

 

【アカウントへの登録失敗】

……だったんですが、新品でもトラブルが。

キンドルは持ち主の「アカウント」を設定しないといけないのですが「kindleの登録中にエラーが発生しました。後でもう一度実行してください。」とメッセージが出て登録できない状態に!!

これでは購入した本を読むことができません!!

 

トラブルシュートとして「再起動」「強制再起動(電源ボタン40秒押しっぱなし)」「端末のリセット(初期化)」、そして先人の知恵である「wifiの設定を再設定」などを試してみましたが改善はありませんでした。

 

最終的にサポートから提示された「手動でのアップデート」で問題が解決しました。

(なぜか自動アップデートは働きませんでした、2~3日置いておけば動いたのかも?)

 

【Kindleの手動アップデート(ダウンロード)】

Kindle手動アップデートは要するに普通なら自動で提供されるアップデートファイルを「自分でダウンロードしてKindleの中に置くだけ」です。

このページ(Amazonデバイス サポート›Fire & Kindleソフトウェアアップデート )からアップデートファイル(bin)をダウンロードします。

【アップデートファイル一覧】Amazonのサポートページで一覧で提供されている。

ページの上のほうは「Kindle Fire」端末なので、ペーパーホワイトの場合はページの下のほうで探してください。

 

次にこのbinファイルを『Kindleに送ります』。

これは簡単で付属されているUSBケーブルでお持ちのパソコンに接続すれば、「USBメモリ」のように表示されるのでファイルをコピー(貼り付け)してください。

【簡単】接続するとUSBメモリのように表示されるので***.binファイルを「コピー」してください。

 

あとは、Kindleのホーム画面から「メニュー(画面右上の三本線)→設定→メニュー(また三本線)→kindleをアップデート」をタップします(確認画面とかでますが「はい」で)。

【アップデート】binファイルを置くと「Kindleをアップデート」が選べるようになる。

これで無事にアップデートができて(2017年5月現在の最新版は5.8.9)、Kindleの登録ができました。

 

ペーパーホワイト目に優しいので本読みには良いツールですが、前のやつも液晶を割ってしまったので……まあ僕みたいに山に持っていく人はマレでも2000円くらいですし「事故保証」買っても良いサービスだと思いますよ。


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •