愛宕山「最良の春日は上高地のような美しい一日」…でしたが参道にはかなりのダメージ。

そういうわけで速報とあまり変わりませんが素晴らしい気候で楽しめた愛宕山のレポートです。

【美しい春美の清滝の里】バーベキューをしている人も沢山来られていました。

 

【大杉谷はOK】

大杉谷は最後に出す案内図をみてもわかるように「最短、最急登」のルート、状態は「例年程度」です。

ルート案内図はライオンズクラブのお力でかなり立てられていました。

【大杉谷入り口】登山口のあたりにはこういう感じでカンバンが立っています。

危険箇所は昨年までとかわりません丸木橋とその前後にある「地味だけど実は崖の上の道」を注意して歩いて行きましょう(3年以上前よりはグッと「急峻」になっています)。

【V次谷】丸木橋のかかっている橋は滑るので危険だ。(そしてその前後にある崖道は特に要注意!!)

大杉谷の登り途中では何本か桜が咲き誇っていました。

愛宕山 名残の桜(大杉谷ルート) #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

最後のつづら折れでは1本の杉が山道の横に真っ二つに避けて転がっています。

【大杉谷】つづら折れが苦しい

もしも通りがかった時にまだ同じ状況なら危険は少ないと思いますがつついたりするのは止めておきましょう、バランスを崩すかもしれません。

【真っ二つ】かなりの高さから落ちて来たのでしょう。

 

【参道は大荒れ】

【式年造替】建て替えがあるようですね、確かに人も多い一日でした。

参道はルート的にもまずまず短く、いつもなら「最も整備された道」という事になるのですが今年は大荒れです。

 

【ついに崩壊】えぐれてしまっていた斜面を支えていた木と共に斜面が崩落

山頂付近(上の黒門を通過して水尾の別れあたりまで)は緩やかなのでさほどではないのですが、底から下はなんとなく荒れた雰囲気、特に最後の3合目以下は結構な状況になっています。

【2ヶ所目】左右に土砂と流木(?)が積んである。

【4ヶ所目】土砂崩れを「撤去」してくれている痕跡が各所にある。

まあ、歩けないという状況ではありませんが「足元にはご注意を」という事で。

(あと、しばらくは雨の後はまたどこかが崩れているかもしれませんからその点でもご注意ください)

【石だらけ】階段状に切られた参道にどっさり土砂がのっているので歩きにくい状況です。

 

なかなかな状態ではありますが、山道としては「そこまで悪い」という訳ではないのでそこまで怖がる必要は無いと思いますが、しばらくは雨の後の山行ご注意ください。

【ルート地図】今回は新しい案内図でご紹介!!

右下の緑の線が集まっているあたりが清滝の里です。

山道に行くのは里の奥の鳥居から、大杉谷方面に行くのは橋を渡ったらひたすら川沿いを行くようにすればまず「高雄」への連絡路(川沿いの道)ここを上にいけば「大杉谷」方面にたどり着きます。

 

実はこのあたりの林道も結構高低差があって危険なのでご注意ください!!

【Twitter】@atagojinjya なんと!!多分少し前からはやっていたのでしょうけど休憩所に久々に入るとこんなカンバンも!!

 

THETAは素晴らしい!!

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •