キャンパー憧れ(?)のBIOLITEストーブによる「世界をよりよい場所にする取り組み」の記事がハーバードビジネスレビューに!!

そういうわけで、ハーバードビジネスレビューで「木材を完全燃焼させる高効率かつ発電までできてしまうストーブ」のBIOLITE社のインドでの取り組みが記事になっています(English)。

(ちなみに日本ではmont-bell社がBIOLITEの正式な代理店になっています、さすがです)

BIOLITE】みなさんご存知、高効率の「薪ストーブ」でありかつ「自家発電機」でもある。

結構淡々としてるけどそれがまさに「リアル」で色々と考えさせられる内容です。

 

 【4段階の試行錯誤と失敗の果てに…】

【BIOLITEデモキット】安価で確実な宅配便なんてありませんから、これが「デモキット」なわけです。

「インドで充電もできて、部屋の空気も(比較的)汚さなくなる(注1)ハイテクなツールが提供されれば拍手喝采でとぶように売れるに違いない!!」なんて事をうっすら考えなくもない僕達ですが、これが達成されるには……長い試行錯誤があるのです。

注1#インドの主要なPM2.5発生減の一つが「煮炊き」などの木材や動物の排泄物から作った燃料を燃やした煙です、どうしても不完全燃焼をするカマドはインドの大気汚染の原因の一つになっています。BIOLITEは特殊な構造と送風ファンを備える事で薪を燃やしきるため「省エネ(薪の消費量!!…と電気)」と「空気環境の改善」に役立ちます。

BIOLITE社の共同創業者(同CEO)のジョナサン・セダー氏はこのレポートの始めに「自分が地元の電気店でクーラーを買って良かった」という話に絡めて以下のように語ります。

上記のプロセスが成立するためには、実は多くのことが可能でなくてはならない。

私は暑さという問題を抱えていたが、解決策が存在することを知っていた。選択肢についての情報にアクセスできた。選択肢を自分の目で確かめられる物理的な場所があった。助言と推薦を提供してくれる、熟練した店員がいた。そして、この電化製品をただちに手に入れるための資金調達手段があった。

 

【ついに!!!】「メインターゲット」に向けて商品がリーチできるようになりました、その秘訣は……

細かい内容は本編をご覧ください。

……しかし、ありふれたものが(時には売り込みの激しさに辟易するにせよ)目の前に揃っているということのありがたさを僕達は知らないといけませんね。

ちなみに、インドで売られているのはこの「キャンプ用」とは違うモデルです。
さっきざっと見てみたら「ライト」関連のオプションがやたらと増えていました……この記事でも出てくる「グリーンライトプラネット」が着目したのと同じく、こういう「電力のない地域」の人たちが『夜にも生産や学習が可能な明かり』を強く求めているからでしょう。

 

“Energy Everywhrere”BIOLITE

“Function is Beauty”mont-bell

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •