コラム「秋のお遊びに向けたお買い物 偽ヘリノックス”G4FREE チェアワン”がパワーアップ」

そういうわけで最後に大きな台風も来ましたが何とか夏も終わりました、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

僕はキャンプ向けに組み立て式チェアーを購入してみました。

【G4FREEチェアワン】おしりがちょうど入るくらいのサイズだけどやっぱり落ち着く。

【G4FREEチェアワン】おしりがちょうど入るくらいのサイズだけどやっぱり落ち着く。

折り畳みサイズはちょうど「靴袋」くらいの大きさです。

安定した構造で意外と頑丈(対加重105kg)、しっかり座れます。

 

まあ「クローン」というか元ネタのヘリノックスとほぼ同構造なので部品さえ良ければ十分な性能が出るはずですからまあ当然といえば当然ですが(笑)

 

クローンは各社で作っていますが、どこの製品でも問題なのは「布と縫製の強度」です。
チェアワンは特に力のかかる「フレームを差し込む穴」の部分の縫製と布を強化したという事で買ってみました(確かに頑丈です)。

ちなみに「ベストプラクティス」になっているフレームの差し込み穴を保護するゴムキャップはこの改良版では使うことができませんでした(布が厚くなっていたため差し込むことさえできなくなっていました)。

ゴムキャップは使うことができませんでした、他社製品の事はよくわかりません。

 

ちなみにこの「フレームを布にはめる」ところは『力』で解決するところです。
まず短いほうを穴に入れてから、下の写真のように地面に短いほうを置いて長いほうのフレーム(棒)に体重をかけて「しならせて」フレームを穴に差し込みます。

【体重を使おう】体重をかければどんな人でも30キロぐらいの力を加えることができます……一気にかけずゆっくりかけてね。

【体重を使おう】体重をかければどんな人でも30キロぐらいの力を加えることができます……一気にかけずゆっくりかけてね。

座ってる写真はありませんが「意外と落ち着く」チェアがこのサイズ(上で書いたように靴箱)、この重量(1kg以下)で入手できるのであれば十分に価値があるでしょう。

 

ちなみに、このチェアは「座面」を外せばフレームは簡単に取り外すことができます(単にそれぞれ穴に刺さっているだけです)。

 

手軽で快適、まあまあ持ち歩けるサイズ、この製品でなくても是非アウトドアで座れる体験を一度してみてください!!

そして、フィールドで長く過ごしてみればこのイスを発明した人類の英知には感心するはずです!!!

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •