コラム「家の高集積化を実現する小さな工夫2つ-簡単で安上がりな壁面収納とサイクルテント」

そういうわけで、忙しいくて最近なかなか手が出なくなっちゃってますが、家の整理!!・・・というか「高集積化」を少し進めたのでそのご報告を。

 

【アイリスの突っ張り棒ユニットで壁面収納】

【2x4棚】なよっちいが小物置きには最適。

【2×4棚】なよっちいが小物置きには最適。

普段なら「2×4棚」とかを作るところですが今回の場所は「奥行きがなさ過ぎ」でそれも苦しいということでこういう感じにしてみました。

【突っ張りポール壁面ネット】お手軽に壁面収納(吊り下げ)が作れる。

【突っ張りポール壁面ネット】お手軽に壁面収納(吊り下げ)が作れる。

高さは2m~2.7m対応、横幅は67cmか42cmで選択できます(幅はネットを「縦に置くか」「横に置くか」で決定!!)。

 

奥行きも17cmくらいしかない場所ですが手前側には「ハードなもの」を置かなければ僕の感覚では「特に問題なし」です。

【ドアオープン】これぐらい開けば許す!!・・・というかほとんど気になりません。

【ドアオープン】これぐらい開けば許す!!・・・というかほとんど気になりません。

まあ、これはこれで。

気になる剛性ですが「何でも下げれる」感じではありません(手で強めに押せば全体がたわみます)、とはいえ「玄関先に置いておきたい物」と考えると(帽子とか?)まあそれほど問題はないでしょう。

公式には「(パネル1枚)10kg」となっていますが30kgも下げれるかは不明なのでまあ「全体で10kgちょっと」くらいを目指せばよいのではないでしょうか?

 

【ベランダのサイクルテントを整備】

そういうわけでベランダに置いたサイクルテントを整備。

【床をひき、ロープをかけた】

【床をしき、ロープをかけた】

写真ではわかりにくいですが左の写真で見える「紐」をテントの上段の柱にかけて「棚」代わりにしています(奥行きが180cmあるのでスキーを載せています……スキー板の樹脂は高温には弱いようなので夏をどうするかは考え中です)。

 

右は『下の面の「床」をしきました!』という写真です。

サイクルロッカーはとりあえず「地面に自転車を触れさせない」のがウリではあるのでそのままにしました。

かなりぎりぎりですが置いてあるものほとんどを「すぐに出せる」形にはなっています。

 

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •