お正月明けの一皿「心平風七草粥」

1月7日「七草粥」の日ですが、今日はちょっと変えた七草粥「心平風七草粥」をご紹介します!!

ちなみに「心平風」というのは「心平粥」のようにゴマ油を使うところから「風」とつけているだけで特別なつながりはありません。

【心平風七草粥】大根・カブ・ゴマ油と米を弱火で炊き、その上に「七草ナムル」を刻んで載せている。

【心平風七草粥】大根・カブ・ゴマ油と米を弱火で炊き、その上に「七草ナムル」を刻んで載せている。

 

【調理方法(4人分)】

【七草】今回はこの程度のセットを利用した。

【七草】今回はこの程度のセットを利用した。

1)二草粥

米を1合、可能なら新米で。

米は軽く洗う(洗う水も浄水かミネラルウォーターで…この時の水をお米は沢山吸うのです)、700ccの水と大さじ2杯程度のゴマ油、そして大根とカブを細かく切ってとろ火で40分ほど炊きましょう。

これで初めの写真のトンスイ8杯分(一人二杯程度)はとれます。

ごま油も可能な限り良い物を、良い油は悪い油を溶かして流してくれますし、それ自体が「栄養」でもあります(逆に酸化した油には毒性があります!!)。

 

2)五草ナムル

青物は沸騰した水に塩を大さじ1〜2杯入れたモノで1分弱サッとゆでて、ごま油を大さじ1入れて良く冷やしたボウルなどで一気に冷やしましょう。

【一気に冷やす】このボールの下には氷水を入れてある。この程度の量なら十分冷える。

【一気に冷やす】このボールの下には氷水を入れてある。この程度の量なら十分冷える。

最後に塩を一振り、まあお粥の味付けにもなるので少し強めの味でも良いですね。

 

この後に「五草ナムル」を細かく刻みましょう。

【刻んでサーブ】細かく刻んでおこのみでかけてもらう。

【刻んでサーブ】細かく刻んでおこのみでかけてもらう。

 

【完成 二草粥に五草ナムルをお好みで】

完成図は初めの写真を!!

今回は副菜に「野菜スティック」をつけました、まあ正月明けの精進料理ですが、ごま油が嫌いでなければ良いと思います。

【五草ナムルと野菜スティック】精進料理!!

【五草ナムルと野菜スティック】精進料理ですが良いゴマ油と草は体内の悪い油を流してくれます。

 
 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •