【紐使い】結びも『テンションが高けりゃ』大丈夫という話(その2)『タープ・テントの屋根は「隠れた三角形」をキッチリ張る」

先日の続きです。
天幕などの固定には「テンションとバランス」が大事という話で、「バチ」っと張れば2ヶ月経っても緩まないというお話をしました(自在結びの使いどころですね)。

 

今回は「張り」には『方向もある』というお話です。

 

【「キチンと張る」には「三角形を探し出せ!!」】

「屋根」を「キチンと張る」にはその天幕に隠された「三角形」を見抜く必要があります。

・・・まあ難しくありません。

「メインポール2本」と「そのロープの取り付け位置」をつなぐ三角形が「それ」です。

【三角形を探す】そしてその三角の「ロープをかけた角」を1/2にする角度に引くのが正解!!

【三角形を探す】そしてその三角の「ロープをかけた角」を1/2にする角度に引くのが正解!!

理屈を言えばこういうことで非常に僕たちのキライな「三角関数」的な絵になりますね。

 

まあ勘の良い人はわかると思いますが、よくある「六角形のタープ」が絵の右です。

この「ヘキサ(六角)タープ」のほうが相互のペグが「引く力が中央に集まる」ためバランスが良くなるのもなんとなくわかると思います。

 

【とりあえず「緩まない方向に引けば正解」】

「会議は、会議室で起こってるんじゃない、現場で起こっているんだ!!」と、なんか間違っていますが、とにかく『現場』で大切なのはこの三角形の「2辺」にあたるところが『張って』いる事です。

【現場では】「二つのライン」がぴっちり張れる方向を実際に引いてみて探そう。

【現場では】「二つのライン」がぴっちり張れる方向を実際に引いてみて探そう。

「ポールとヒモをかけている部分」を結ぶ「二本のライン」が張れる角度を「探し」ましょう。

 

タープを立てるのはとりあえず「2本のポールをキッチリ立てて」そこから天幕を「弛まないように張る」のが大切です!!

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
via PressSync

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •