【紐使い】 No.6『モノを縛る』簡単強固な「ねじり結び」と自由な「巻き結び」

今までは「ヒモを結ぶ」ところに注力してきましたが、今日は「モノの縛り方」です。

もちろん「本結び」や「チョウチョ結び」で結んではいけないということではありません、ただ今回紹介する結び方は特に「強度」が強く、結び目も「小さく」出来るのが特徴です。

 

【太目のものを縛るなら「ねじり結び」】

ヒモの一端を折りたたみ「くるくる」とねじって、その先の「輪」にもう一端のヒモを通すだけの結び方です。

【ねじり結び】丸太などの引き上げなどに使える。

【ねじり結び】丸太などの引き上げなどに使える。

折りたたんだヒモをねじる前に「一結び」するとより強固な結びになります。

【ねじり結び+一結び】簡単な工夫

【ねじり結び+一結び】簡単な工夫

結び目がほとんど気にならないので「垣根(柵)」なんかをつくるときの「初めの固定」に使うことも多い結び方です。

 

【使い勝手の良い「巻き結び」】

ねじり結びより「簡単さ」「強度」では譲る「巻き結び」ですが、この結びは「フレキシブル(柔軟自由)」に結べるというメリットがあります。

 

ですから、「垣根(柵)」などを作る時「最後の固定」に使われたりします。

【巻き結び】ヒモが通るところならどこにでも結べて「締めやすい」のが特徴。

【巻き結び】ヒモが通るところならどこにでも結べて「締めやすい」のが特徴。

ねじり結び同様「一結び」で強度を上げる事ができます。

【巻き結び+一結び】結びは難しくなりますが。

【巻き結び+一結び】結びは難しくなりますが。

「結びやすさ」「解きやすさ」も結びの「ポイントの一つ」なんで、『ケース バイ ケース』で工夫しましょう。

 

【やわらかい物には「自在結び」】

「石を包んだシート」など柔らかいものを(テルテル坊主調に)縛るときには、初めに紹介した「自在結び」で『締めて』も良いでしょう。

【自在結び】自在な結び、ちなみに強く固定したいなら『締める』トコロを一ひねりして『二重』にすればよい。

【自在結び】自在な結び、ちなみに強く固定したいなら『締める』トコロを一ひねりして『二重』にすればよい。

 

 

期間限定「インフルエンザ対策ストア」バナー

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •