【紐使い】『No.1自在結び』バーベキューでも必須の「タープを立てるのに必要なロープワーク」

前回はピンポイントな用途「滑り止めのためのロープワーク」をやりました。
なにをするにしても一本の紐でうまくやるのも良いですし、パーツを作るのも悪くありません。

 

【本結び】「タテ結び」になっていなければ結び目は十分な強度を持つ、本結びやちょうちょ結びはかなり万能な結び方だ。

【本結び】「タテ結び」になっていなければ結び目は十分な強度を持つ、本結びやちょうちょ結びはかなり万能な結び方だ。

紐という「万能固定ツール」のはうまく使えば、様々なモノを「束ね」、あるものを強く延々と、あるいは自分の頭よりも高い位置にだって「固定」してくれます。

『紐』の万能性を生かすのはあなたの知恵「応用力」です。

 

ただし、いくつかの結び方の基本パーツを知っていたほうが時間は短縮できますからこの【紐使い】のカテゴリでは「具体的な使い方」にひもづいた「基本的な結び方・ロープワーク」をご紹介していきます。

 

【サイト作りの基本「バーベキューでも必須の屋根」】

ちなみに「サイト」というのは「基地・設備」を指します、バーベキューをするためにブルーシートなりイスなりを並べたときからサイト作りは実は始まっています。

 

そしてそのときに重要な「屋根」つまり「タープ」を張るのに必要なのが今回ご紹介する「自在結び」です。

【自在結び】名前のとおり結び目をスライドさせることが出来る結び方だ。クイ(ペグ)とタープをとめるのに使われる。

【自在結び】名前のとおり結び目をスライドさせることが出来る結び方だ。クイ(ペグ)とタープをとめるのに使われる。

結び方は簡単で、ペグをまわしてその後にタープを「張っている」ロープに結び目をつけるだけ!!

【自在結び】初めの輪の最後を「くるくる」と二回まいて反対側で「一くくり」するだけ。

【自在結び】初めの輪の最後を「くるくる」と二回まいて反対側で「一くくり」するだけ。

ペグにかかったロープで「輪」を作り、ロープをペグ側に「くるくる」と二回まいてから、逆側にロープを出して「ひとくくり」しましょう。

 

あまったロープがプラプラしないように、もう少し先のほうでロープを「ひとくくり」すればOK

 

【ロープの長さが調整できる】

【自在】結び目を移動させることで「張っている」ロープの長さを変える事ができる。

【自在】結び目を移動させることで「張っている」ロープの長さを変える事ができる。

「自在結び」では、かばんのショルダーベルトの長さ調整と同じで、結び目を移動させて『余り側のロープ(ペグで折り返した先)』の長さを変える事で『張っているロープ』の長さを変える事ができるのです。

 

引っ張ると動いてしまいそうに思いますが、きっちりと「テンションをかける(調整をしてロープを張る)」とペグとロープの摩擦力があるのでちょっとやそっとでは動きません。

 

テントやタープを建てるときに大切なのはこういうロープをきっちり「張る」事です。

次回は、この部分のロープワーク「タープはテンションで建つ」事を説明したいと思います。

 

 

 

期間限定「インフルエンザ対策ストア」バナー

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •