【20K自転車】のメンテナンス「ホイールのスポーク交換」【足回りのタイヤ・ホイールは消耗品】

自転車してますか?

 

日常的な移動を自転車に切り替える、しかもそれを「スポーツ自転車でやる」事で「数駅単位」で切り替えをすると生活大きな変化が起きます。

【秋の空と田舎の道】ナビ(スマートフォン)さえ駆使すれば田舎道も大体はなんとかなります。

【秋の空と田舎の道】ナビ(スマートフォン)さえ駆使すれば田舎道も大体はなんとかなります。

日常のスキマ(本当は駅と駅との間ですが)に転がる感動的な景色や、郷愁を引き出す路地などに気づく・・・・・・可能性が生まれます。

【学校】近所の小学校さえ何年も見ていない生活

【学校】近所の小学校さえ何年も見ていない生活

 

【タイヤと回りは消耗品】

ま、何がスタートにせよ自転車が楽しくなってしまうと、自転車も夢や希望だけで走っているわけではありませんので、どうしても消耗する部品が出てきます。

 

まずはタイヤで、これは半年に1回くらい「替えたく」なってきます。
次にブレーキパッド、これは「ブレーキのかけっぷり」でかなり違いますが(実はタイヤもそうなんですが)まあ1年に一回。

 

そしてホイールもモノによりますが、2~3年に一回トラブルが起こります。

今回のように。

 

【スポーク破断と診断法】

休日の昼ごろ、大正区の沖縄人街を目指して走っていたところ「なんか、走りが重いなー・・・」と思って、休憩時にタイヤの空気圧を見て、ホイールをチェックしました。

 

「ホイールチェック」というと大層ですが、『スポークを(3本位づつ)掴んでいく』だけです。

一般的な自転車のホイールには36本くらいしかスポークはありませんので、車輪を回しながら12回掴めば完了します!!

【スポーク破断】スポークはこういう形で「頭」の『引っ掛け』が飛びます。

【スポーク破断】スポークはこういう形で「頭」の『引っ掛け』が飛びます(たまにリム側でネジきりが飛んだりもしますが)。

折れているスポークは動くのですぐにわかります(他のスポークは『張って』います)、「あらー、これ折れてるわ・・・」というスポークがあればすぐに見つかります。

【頭が折れている】まあ、たまにあることです。

【頭が折れている】まあ、たまにあることです。

さて、対応ですが『ホイール交換』という方法もあります、それはそれでよい選択だと思いますが、ちょっとお高くなります。

ホイール交換するときは、インチ(c)などの大きさ、フロント・リアの違い、シャフトの長さ(変速機のギアの段数による)などの違いがあるのでご注意を、正直自転車屋でやったほうが良いと思います。
今回は「お高くならないように」スポーク交換にしました。

さて、スポークもこれまた種類がたくさんあるので、きちんと長さと太さを計って購入なりを考える必要がありますが、まあタイヤでも買うときに、自転車屋さんでついでに買っておきましょう(何か買うときについでに「あの自転車にあうスポークも」とお願いすれば断られないでしょう)。

 

今回は1本100円で購買できました(スポーク1本の値段なんて、あってないようなものです)。

【スポーク】たとえば太さ14号、長さ267mmのスポークが72本で2000円ちょっと・・・でも72本買いますか?

【スポーク】たとえば太さ14号、長さ267mmのスポークが72本で2000円ちょっと・・・でも72本買いますか?

 

【スポーク交換】

診断が終われば交換です。

交換は比較的簡単で、まず「悪いスポークを抜き」ます。

今回のように頭が飛んでいる場合はスポークをくるくると回せば簡単に取れます。

(逆にリム側のネジ穴(ニップル)が飛んでしまった場合はタイヤをとって、リムテープ(ホイルの内側の保護テープ)をはがして、「ニップル」も交換する必要があります(テープまではがせるなら簡単に替えれます)、この部品はリムについている場合もありますが、無ければバラで買う必要があります、今回は割愛します)

【ニップル】固定は特に無い、スポークに『引っ張られている』から止まっているだけ。

【ニップル】固定は特に無い、スポークに『引っ張られている』から止まっているだけ。

 

スポークが取れたら、ネジ穴(ニップル)にスポークを当てます。

 

このとき「元のように(近隣の同じパートについているスポークと同じように)」スポークを通しますから、車輪の中央(ハブ)からスポークを差し込むようにします。

【スポーク交換】 1)スポークを、スポークの間を通してネジ穴に「あてる」  2)ハブの穴に頭の「ヒッカケ」を通す

【スポーク交換】 1)スポークを、スポークの間を通してネジ穴に「あてる」 2)ハブの穴に頭の「ヒッカケ」を通す

この状態で「ニップルを回して」いきます。

【ニップルを回す】ペンチやこういった簡易工具(100均で200円)でもいいが、専用工具がやっぱり楽。

【ニップルを回す】ペンチやこういった簡易工具(100均で200円)でもいいが、専用工具がやっぱり楽。

「いい感じ」になるまで締めたらおしまいです(隣のリムと同じくらいの『張り(押したときの硬さ、ネジ締めの硬さ)』になるようにしましょう)、本当は「全体のバランス」を取る必要があるのですが(「振れ取り」といいます)これはまたの機会に!!

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
以下のAdSenseユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を掲載するという意味において、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!