【トラブル番外編】【引越し&リストア】雨漏り発生、対策の遅れで「大きな損害」【引越し先のシステム構築学】

そういうわけで、トラブルのご報告になります。
とはいえマンションですから本当は「管理組合」のトラブルということになりますが。

【最上階の辛さ】まあ、景色がいいから気に入ってるんだけどね。

【最上階の辛さ】まあ、景色がいいから気に入ってるんだけどね。よく見るとこの写真にも「防水加工の不具合の証」が見える。

 

【判明から初動の失敗】

書きにくかったので今まで書いていなかったのですが、「雨漏り」は8月中ごろの長雨の頃に明らかになっていました。

【漏水】釣り戸棚も確かに腐っている。

【漏水】釣り戸棚も確かに腐っている。

貸家なので管理会社へと相談したところ「共用部は管理組合なので、対応してもらいます」との事でした。

 

・・・が、これが10月現在でもまだ直ってないんだな。

 

【テキトーな修理】

【浮き】やり直しているはずの壁紙にも『浮き』がある。

【浮き】やり直しているはずの壁紙にも『浮き』がある。

そもそも、一度目の修理には「不審」なところがありました。

現場調査もせずでいつになったら対応があるのか・・・と、ある日問い合わせをすると「直りました」と報告が入りました。

 

「え?」と思いましたがまあ、直ったのならそれはそれで良かったと安心して生活(整理)を再開したのですが。

 

【再漏水-部分補修は『結果責任』を問えない】

翌週の大雨で『再漏水』が発生しました。

しかも、整理を始めていたため一部の家財に濡れが発生してしまいました。

 

後で詳しい友人に聞いたところ「1度目の対応は部分を指定して防水工事をさせたんだろう、それでは結果責任が問えない(指定した場所が間違っていたら当然治らない)」という事でした。

 

二度目の修理では『業者を変える』との事、工事範囲も変わったのかもしれませんが『現地調査』が行われました。

現地調査をするとすぐに「あ、あれ水溜まってますよ」と指摘がされました。

【水溜り】「防水塗料」の下に水がたまって「水ぶくれ」ができる。

【水溜り】「防水塗料」の下に水がたまって「水ぶくれ」ができる。

 

このことで教訓を得るとすれば管理組合は「中途半端な対応がより大きな損害を招く」ということでしょう。

もろもろの損害についての対応含めて、今後の対応で何か変化があればまたレポートしようと思います。

 

 

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •