超初心者登山のトレーニング「自分で『運転』しないと道は覚えない」学習効果を高めるためには自分でも計画を「ドライブ」しよう。

自分で運転といっても、必ずしも「自動車」の話ではなく、登山や自転車でも『ついて行くだけ』と『自分で計画を立ててみる』ではまったく違います。

【隊列】着いていくだけではなく、事前に計画について「一考」しておくと遥かに多くのものを『感じる』事ができるようになる。

【隊列】着いていくだけではなく、事前に計画について「一考」しておくと遥かに多くのものを『感じる』事ができるようになる。

とはいえ、いきなり「計画を立てる」のは難しいでしょう。
第一誰でもはじめは「誰かについていく」のが普通です。

 

ですから、今回は「誰かについていく」場合にやれることをお話します。

 

【計画を見る「地図で見る」】

まずはじめにできる簡単な方法は「地図を見る」事です。

【宮園登山隊の場合】隊長からコピーした地図に蛍光ペンでメモを入れたものが提供されます。

【宮園登山隊の場合】隊長からコピーした地図に蛍光ペンでメモを入れたものが提供されます。

ルートがすでに公開されているなら、「なぜそのルートが選ばれたのか」を地図から推測します。

このとき、「コースタイム」の入った「登山地図」があれば想像は容易になりますが、無くても等高線の密度から「平均斜度」が想像できるはずです。

 

例えば「初めての登山」というコンセプトの『計画』であれば、ルートはできるだけ短く作られているはずです、ある山の頂点に到達するのに、「その登山口から行く理由」が何か発見できるはずです(通常一つの山で分岐がほとんど無くても、登山口は2~3あるはずです)。

【等高線と斜度】上の写真のルートはオーレン小屋から根石小屋にのぼる左側の直線ルート、地図どおり緩やかで穏やかな道だったが、実際には「路面が粗く(浮石だらけ)疲れる道」というのもある。

【等高線と斜度】上の写真のルートはオーレン小屋から根石小屋にのぼる左側の直線ルート、地図どおり緩やかで穏やかな道だったが、実際には「路面が粗く(浮石だらけ)疲れる道」というのもある。

 

「短く」というのは単に「短い」というだけでなく「容易」という意味もあります。

『最短のルート』と見える道が選ばれていない場合は「等高線の間隔」を注視します。
等高線的にも「広い(ゆるい)」場合は、道路の整備状況や危険箇所が存在するのかもしれません。

 

この程度の「そうなんじゃないの?」というような他愛の無いことであっても「自分で一度考えておく」事が重要で、現実がそれと「合致しているか?」それとも「していなかったか?」を『体感する』のが大切です。

 

それは自分が「地図」を見て考えることと現実との『誤差』や、逆に『観察点の良さ』を示すものだからです。

 

【計画を見る「質疑応答」】

上のように「近いのになぜこのルートを通らないのだろうか?」という疑問が生まれた場合、時間があればこれについて計画者に「質問」をしましょう。

【僕の自習例】北八ヶ岳の山行で地図を見た結果のルート、二日目の根石岳への直登ルートは「じゃあ行って見るか」という事になって実際歩いた。

【僕の自習例】北八ヶ岳の山行で地図を見た結果のルート、二日目の根石岳への直登ルートは「じゃあ行って見るか」という事になって実際歩いた。

計画で大切なのはこういう「自分の知らないこと(で判断に大切なこと)」を把握して調べるというところに有ります。

 

ちなみにこれは質問ではなくて「調査」でもかまいません(あなたが計画者になれば調査しかありません)。

ルートガイドなどの文献調査も良いですが、Googleを活用すれば速やかに、安く情報が入手できます。

例えばほとんど等距離で、同高度まで上がるコース「北岳 右俣コース」と「北岳 左俣コース」を検索すればその「違い」について記述したページが出てきます。

【登りを楽チンルート】前の記事で書いたこのルートは、ルート選択について調査した結果「右俣ルートが良いだろう(初心者も居るし)」と提案したルートだった。実際はそうは行かなかったが。

【登りを楽チンルート】先日の記事で書いたこのルートは、ルート選択について調査した結果「右俣ルートが良いだろう(初心者も居るし)」と提案したルートだった。実際はそうは行かなかったが。

右俣コースは「斜度はキツイが危険箇所が少ない」、左俣コースは「斜度はゆるいが八本歯のコルなどの難所がある」という事がわかります。

あなたはあなた自身の「目算」との「誤差(ギャップ)」に気づいた(ショックを受けた)ときに「学べます」し、そういうことは『なかなか忘れられない』はずです!!

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
以下のAdSenseユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を掲載するという意味において、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!