『登山と野外生活で』意識しないといけない「服装の違い」の【理屈編]

「超初心者登山」ではしつこいぐらいに「化繊・化繊・化繊」と繰り返してきました。

ですが、野外生活では「化繊」だけではダメです。

 

化繊の「汗・濡れ(=冷え)」への対応力にプラスして「防御力」「耐火性」が必要になってきます。

 

【防御力・耐火性が重要】

【火】制御されない火と付き合うのはそれなりに難しい。

【火】制御されない火と付き合うのはそれなりに難しい。

特に耐火性が重要です、というのは「化繊のウェア」をベース(下着)に着るという前提は変わらないからです。

 

化繊のウェアには「アウトドアライフ」を支える上で致命的な弱点があります、それが「熱に弱い」ということです。

 

原料は「石油」なので、ちょっとした火にあおられると髪の毛同様「チリチリ」という事も珍しくありませんし、火の粉が飛んでくると穴が開きます(特殊な加工をした化学繊維で難燃性のものもありますが→ポーラテック パワーシールド)。

ですから「シェル(外殻)」として「羊毛」などの「難燃性素材」の「しっかりした生地」のウェアを選ぶ必要があります。

 

しっかりした生地とは「軍服」くらいのもので、生地に隙間がなく、一定の強度を持った物です。

生地の織り方は非常に重要で「表面起毛」は「表面フラッシュ(火達磨)」という現象をおこしやすいため、絶対に避けましょう。
特に「綿」はこういう「燃えやすい形」にするとあっという間に燃え上がります(とはいえ発火温度は450度と化繊がダメージを受ける温度に比べれば高いです)。

g.u.で1000円程度で入手した「ぺらぺら」の綿のジャケット、ぺらぺらのほうが乾きやすく、軽い。これくらいでも十分に火の粉を避けてくれる。

【耐熱装備】g.u.で1000円くらいで購入した綿のジャケット、これぐらいでも例えば「ダウンジャケット」を火の粉から守ってくれる。

天然素材は概して熱に一定の耐性がありますので、安価な「綿」ジャケット、そして「メリノウール」などの下着がそろえられたら(メリノウールはフリース同様、汗にも強く乾きやすいのですが高価)快適面でも防御力の面でも効果的です。

 

【手袋も注意】

手袋にも注意が必要です。
なにも高い物が必要というわけではありませんが、ホームセンターなどで販売されている「皮製の手袋」を選びましょう。

『汗とすべりには』メッシュのグローブ、ただし野外活動としてみると『弱い』

「軍手」の欠点はなんにせよ「中途半場すぎる」ということです。
まず素材、安い物を見ると「ポリエステル」などが入っており、溶けはじめることもあります。

左がポリ入り、右の圧縮手袋などは純綿

 

次に「織物」なので、スキマがあり「尖ったモノ」に弱く、液体なども容易に透過します。

 

鍋をひっくり返したときに、軍手の上から大火傷、あわてて引っぺがすと皮膚も「ベロリ」とはげてしまう・・・・・・なんてこともあります、こういうケースでは手袋(布)の上から水をかけましょう。

 

安い物でも皮の手袋であれば、これらの欠点はほとんどカバーされます(そして、そういう安心感がミスを防ぎます)。

皮の手袋の上に「軍手」をすれば、『薄い皮手袋』の欠点である『断熱力の不足(熱いものを持てない)』を補うこともできます。

 

このように、「野外活動」では想定される問題のハバが広がりますから、外部からの影響をきっちりと排除して、内側のウェアや体への影響を排除する「防御ウェア」も必要になります。

 

(【実装編】に続く)

 

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •