20K自転車向けの保険「家族全体をカバーする賠償責任保険がブーム」

夕暮れの淀川を走る。

自転車で夕暮れの淀川を走る、こういう道ならまあ事故は無いでしょうが・・・。

『家族全員をカバー』する賠償責任を負った場合の補償」だけにフォーカスを置いている保険がブームで、値段も下がってきているので一度ご紹介します。

 

んー考え方ではありますが、自転車では特に「ケガをさせる、物を壊す」という部分について意識が低くなりがちです、確かに自分が車に当てられた時は相手の保険で何とかなると思いますが、歩行者に対しては『強者』になるので何か一つ考えたほうが良いと思います。

 

また、登山中でも近年の「渋滞中の落石(一応渋滞し難いルートをおススメしていますが)」などで死亡例などが出ていて、その点でも考える時期に来ているのではないでしょうか?

渋滞する槍ヶ岳山頂付近、近隣を縦走中の登山者が滑落してヘリで搬送された、幸い大事には至らなかった。

 

傷害保険などは、生命保険などに特約などで付いている事も多いので『必要が無い』と考えるならこれらの「賠償責任」保険は十分は十分なメリットがあると考える事ができます。

 

【自転車責任保険】エアーリンク

w640

エアーリンク社の「自転車責任保険」は年間5000円で家族全体の「賠償責任」を2億円まで補償してくれる保険だ。

なお、この「賠償責任」については「交通事故保険の特約」という形になるので「賠償責任全般に適用できる」保険になっています(ただし原動機付き自転車や、自動車。仕事中の事故などは省かれている)。

 

【イオンカード会員限定】「家族賠償責任保険」



こういう「家族を保護」する保険で安いものは、他にはイオンカードの会員限定「家族賠償責任保険」くらいしか思いつかない(年額2880円 補償上限は1億円)。

 

ちなみにこのイオンの賠償保険も自動車での事故は対象外になっています。

 

 

【ただし一人ならモンベルの保険がやはり最良】

スクリーンショット 2014-06-04 12.03.21

ただ、こういった保険よりもモンベルの保険は「一人」で加入するならはるかに効率が良い。

複数年加入の割引もあり、グレードが低くても「とりあえずは」という部分は全てカバーされます。

 

救助費用も500万円は補助されるので、まさに「アウトドアに総合的に対応できる保険」はモンベル!!

 

モンベルは登山道具からスタートしましたけど、自転車用の商品も多く販売している関係からこういう目配りの効いた保険が作れています(商品カタログでもわざわざ1カテゴリーあるくらい!!)。

 

まあキャンプサイト自体も「総合的にアウトドアをおススメ」してるのでモンベルの保険とは親和性が高いからこういう評価になるのかもしれないですが。

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
以下のAdSenseユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を掲載するという意味において、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!