【20K自転車】基本的な自転車の漕ぎ方『座り漕ぎの基本』

『基本的な漕ぎ方』

基本的には『座り漕ぎ』--ツールドフランスより

基本的には『座り漕ぎ』–世界最高峰の自転車レース「ツールドフランス」より

漕ぎ方の前には「キチンとしたポジション(=サドルとハンドルの調整)」が必要です。

ポジションについては、プロにフィッティングを受けてもいいですが。
【調整についての記事はこちら→】このサイトでは「時間をかけて自分で探す」というスタンスではあります。

 

とりあえずザックリとした調整の指針としては……

 

【サドルの高さ】は、ペダルを踏み切った(一番下)時に、ひざが『ほぼ』伸びている状態。『走るように自然に足が回る』ところを目指します。

 

【ハンドルの高さ】は、『サドルよりやや低め』ペダルを踏むときに「腹筋が使えて」楽な高さ。

……これらを小まめに「変えてみて」最適位置を探しましょう(基本はサドルの上げ下げで調整できます)。

サドルの場合は「上下」だけでなく「前後」もある。 ハンドル位置も部品を変えれば変更可能だがとりあえずはスルーで!!

サドルの場合は「上下」だけでなく「前後」もある。 ハンドル位置も部品を変えれば変更可能だがとりあえずはスルーで!!

さて、その上で変速機の使い方でも説明をしていますが、

 

【ペダルの重さ】はママチャリかそれよりも少し『軽い』くらいで走ります。
重くすると筋力はつきますが、平均速度は下がる傾向があり、しかも調整が不十分な場合『身体(主にヒザ)を痛める』可能性があります。

 

『座る位置を前に』

サドルの高さ・前後位置を調整した後でも『座る位置』を変えることで出力の「パターン」を変えることが出来ます。

 

『後ろ気味』が「標準(ランニング)ポジション」だとすれば、『前気味』は「ハイパワーポジション」です。

【前後】ポジションの比較図、「前寄り」はある意味「立ち漕ぎ寄り」の座り方と言える、ちなみに「前寄り」で座ると空気抵抗は増すのでその分もマイナスになる。

【前後】ポジションの比較図、「前寄り」はある意味「立ち漕ぎ寄り」の座り方と言える、ちなみに「前寄り」で座ると空気抵抗は増すのでその分もマイナスになる。

『前気味』に座ると身体が(後ろ気味に座ったときに比べると)直立します。
こうするとペダルを踏むときに『背筋力』も生きてくるため『パワー(トルク)』が増します。

 

しかし、『後ろ気味=前傾姿勢』とは違い「走るように自然に」は足が回らなくなります。
従って『回転数』が出せなくなります。

 

このときギアは重めにします(増したトルクを生かすためです)。

 

そして、ペダルは『カカト寄り』で踏むようにします。
これには理由が二つあります、一つはハイトルクを『つま先寄り』で踏むとヒザから下の筋肉・じん帯に強い負担がかかります、これは故障の原因になります。

 

もう一つは『前気味』に座ると、お尻とペダルの距離が近くなります。
ですから通常通り『つま先(中足)』でペダルを踏むとどうしても足が余ります。

 

なので、カカト側(~土踏まずくらい)でペダルを踏みましょう。

 

『前気味のポジションの使いどころ』

「クライムヒル」のようにハイトルクが要求される場面や、レースなどでの「先頭争い」のような『急加速が必要なとき』に使います。

 

以上が「座り漕ぎ=シッティング」の基本です。

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「15min盤競技」などを参照してください。
以下のAdSenseユニットは僕への投げ銭であると共に、Googleの考えるおススメの情報を掲載するという意味において、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。あと僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!



google_ad_slot = "6232020195"; google_ad_width = 336; google_ad_height = 280; //-->

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •