自転車の【正しい座り方】

※※この記事はブログ「本日のおすすめ」で書いたものの再掲です※※

この記事があまりに酷かったので。
『自転車は体に悪い』
×http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120429/231521/?rank_n
(あ、クリックはしないで下さい、アクセスがアップ狙いの酷い内容なので。)

 

この記事の酷さは、なんとなく最近ブームの『自転車』にネガティブな記事を見かけたので、『派手なタイトルをつけてアクセスを稼いでやろう』という目的に基づいて編成されていることです。

 

論点は3つありますが、「自転車に乗ると性的能力が低下する。」「大気汚染の影響を受ける」「骨粗しょう症になる」……というような『誤解』を狙った記事が書いてあることです(しかもどれも、『特殊なケース』を基にした情報であることもちょろっと書いてあります、恐らく抗議対策でしょう)。

 

「大気汚染の影響を受ける」
→それは市街地で運動すればみんな一緒だ。しかしそれでも運動をしないよりはマシだからみんなやっているのだ

「骨粗しょう症になる」
→『競技の選手』が特殊なトレーニングをしている事例を紹介しているが、過剰ダイエットやハードなトレーニングを積む運動選手(特に体重制限のある競技の)が骨粗しょう症になりがちなのは、今や『常識』の話である。

 

まあ、その中で一番マシな論点は「自転車に乗ると性的能力が低下する。」だろう。

 

しかし、タイトルはこう改めるべきだ『正しい乗り方をしないと自転車も体に悪い』
(そしてこういう記事を書いていたならば自転車に乗っている人からも、乗ろうとしている人からも感謝されただろうと思う。)

 

「自転車の正しい姿勢なんて邪魔くさい」と思う人も居るだろうが、ランニングでも登山でも正しい姿勢が存在し、それを無視しても走れる(登れる)

 

しかし、長時間続けると間違いなく体を痛めるのだ、少なくとも一通り知っておくに越したことは無い。

 

【正しい自転車の座り方:腰を丸める座り方】

ちなみにこの記事は「ママチャリ」には関係ない。
ママチャリは乗車姿勢は「作りようが無い設計」になっているからだ(逆に言えば普通に座れば良い様に作られている)。

その代わり、クッション付のサドルをつけて負担を軽減している(さらに言えばママチャリの用途はせいぜい15~20分の移動である…少なくともそう想定されている…ので負担はそれほどでもない)、この場合ご参考までに。

 

ではまず、『正しい乗車姿勢』を見てもらおう。
正しい乗車姿勢

 

まず第一のポイントは「前傾」そして「腰と腹部が丸く折りたたまれている」事だ。

 

一般的に「背筋を伸ばす」姿勢は正しいが、自転車の場合はそうはせず、『猫腹(腰のすぐ上から体を丸く丸める)』にする。

 

ハンドルに体重を逃がすことが出来るので、この姿勢を続けても体に悪い影響が出ることは少ない。

 

(たまに、スポーツサイクルで『サドルを下げて』乗車している人がいるが、こういう乗り方は正しい乗車姿勢を取りようが無くなり、本来ならハンドルに逃がせる負担もサドルに集中するため、腰へのダメージと股間へのダメージがより高くなるはずだ、またペダルも上手く回せないのでエネルギーロスも大きくなる)。

 

背中を丸めないと、なぜ良くないかというと、単に「背筋を伸ばして前傾する」と当然そけい部がサドルに強く当たるからである。
サドル(横から)

 

【正しい自転車の座り方2:サドルの後ろに座る】

次に、サドルに座る場所だ。
サドル(上から)

図にも書いてあるが、乗っていると「つい前寄りに座ってしまいがち」になるが、これは間違いだ。

 

後ろの柔らかい部分に骨盤を上手く載せる(骨が直でサドルに立っているのが良い、「骨盤を立てる」とよく表現される)。

 

ちなみに男女で骨盤の大きさが違うので、女性は小さく感じた場合サドルを交換する必要がある、女性用サドルで検索したら適当な商品がいくつも紹介されている。

 

実際にサドルが三角型をしていても、座っているのは本当はクッションの入っている『横一文字』の部分に、である(前にノーズが出ているのは恐らく滑落防止のためで座るためではない)。
実際以下のように、『横一文字』の部分だけの製品も出ている。
Tじゃないサドル

ちなみに国内では取り扱いが無いので別のを紹介すると、比較的定評があるのがSMPサドル(男性用/写真下左)と、女性用ならまあ安直だけどVELOの普通用(写真下中央)スポーツ用(男女兼用で安い/写真下右)

Amazonなんで、送料無料

 

まとめ、正しい姿勢をとるためには以下の3つのポイントがある。

1)サドルは高めに(ペダルを一番下に踏んだときに膝が伸びきる手前)
2)腰を丸めて前傾姿勢。
3)サドルの奥に座る。

作成日: 2012/05/09

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •