超初心者登山の技術【カリキュラム説明】

超初心者登山に必要な技術は主に3分野に分かれます。

CS_walk212
一つ目「準備技術」です
装備の購入・準備や、登山の計画立案、日常トレーニングなどがここに含まれます。

「無理の無い計画で、安全な山行を」と、どこかの消費者金融のような事を言いますが、そういうことです。

 

二つ目「山行技術」

これは山を行くときに必要な技術です。
主に歩行技術や基礎的な登攀技術。

読図などのルート発見技術(ナビゲーション技術)。

リーダーならリーダーシップのあらわし方、応急処置などの技術(誰にでもミスはあります、ちょっとしたケガはいつでもありうる事です)が必要になります。

 

どれも基礎的なことですが、きちんと積み重ねる事で安全を引き寄せ、危険を避ける行動が可能になります。

 

三つ目「緊急対応技術」
緊急時に対処する方法についての技術です。
たとえば装備の説明で私は「服装についてはその時期の山中で一夜を明かすことができる防寒力を目指す」と書いています。
これもある意味では「緊急対応技術(のための準備)」といえます。

 

緊急時とは、道迷いあるいは、事故で『確信のある行動』が不能になった状態です……『不運』が2つ重なれば誰にでも起こることです(あなたが神様なら、不運を無くすことができるかもしれませんが)。

 

山中で臨時の「一泊」を上手くすごし、自力脱出あるいは、救助に上手く発見してもらうための方法を解説し、(これは創意が必要な事です)考えるヒントを示唆します。

 

・・・・・・こういった示唆(暗示、謎かけ)をボーイスカウトでは“サイン”といいます。ボーイスカウトではリーダーが”教える”ことはあまり重視されず、このようなサインをスカウトが読み解く事で”学ぶ”事を重視します・・・・・・ちなみに、読み解いた結果が、リーダーの思惑を遥かに超えて素晴らしい事は多々あります(笑)

 

ちなみにこのサイトでは”教える”事も重視していますが、皆さんは自分がする体験の中から”サイン”を読み取って、それに応えてくれるものと期待します。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •