コラム「Antlerでの輪行」

ヴァクセンのアントラーを持ち歩く時のセットアップについてお話しましょう。

……というか見たほうが早いですね、タイオガのコクーン(輪行バッグ)にはこういう感じで、ハンドルを後ろに向けて、前後逆に車体を入れれば(前輪側がチャック)きれいに納まります。

アントラーとコクーン

アントラーとコクーン

電車に乗る場合、バッグからサドルやハンドルは出ててもOKというのが現在の慣例のようです。

(高速バスなんかだと”出てたら絶対ダメ”とか規約に書いてある場合もありますが、鉄道では「車輪が隠れていればOK」という解釈だそうです-注伝聞)

コクーンは便利なバッグなのですが、チャックが華奢なので丁寧にお使いください~!!


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •